プロパンガス料金を比較する

プロパンガス料金を比較

少しでもガス代をお安く変えていきたい方は必見です!
一般家庭へ供給されるガス料金について、関連情報を掲載しているWebサイトです。
地域が違うとガス料金も違います。地域の最安値料金へ見直す為の情報を掲載していきます。
業界のニュースや料金に関してWEB調査を繰り返してきてわかってきた多くの事があり、重要なポイントをお知らせしていきます。

提携ガス会社同士の談合問題

他の事業ではあまり考えられない状況がプロパンガス業界には存在しています。
例えば卸元のガス会社の契約を販売店は契約をしませんし、逆に卸し先の販売店の顧客を奪うような行為はしません。
それだけではなく、社長同士が仲が良いから。程度の理由でも契約拒否されてしまうのです。
安くサービスが良く自宅からほど近いガス会社が良いと思っても、ガス会社同士の関係の有無で対応可否が変わってきているのです。これは昔からある業界の慣習が未だに残っている業界にとって知られたくない恥ずべき体制です。

ガス会社同士の談合、その原因とは。

このような問題がどうして未だに残ってしまっているのでしょうか。
通常の社会では、競争原理が働き時代が流れる程に安価になっていきます。
しかし、ガス業界はずっと同じエネルギーを使い続けており、いわば消費者の上であぐらをかいてきた業界です。
高かろうが必要とされるエネルギーは、本来生活の礎となるべき消費者目線で供給が必要不可欠なはずです。
これは、プロパンガスの流通システムそのものの在り方が問題といえます。
元売り、卸し、小売りと販売の立ち位置によって会社の力も変わっています。
この三位一体となる体制が各社の関係を強固なものとしていき、グループ化していきます。卸元のガス会社は小売り業者の顧客を奪いませんし、逆もまた然り。こうした関係会社が増えていくと談合グループが出来上がります。
他にもガス会社は配送を委託する事もしばしば。自社の配送トラックを確保するより、効率的に供給ができる体制が好ましい場合は、ガス会社は配送を他社へ委託しています。こうした委託先が同じである場合もトラブルの原因となる為、ガス会社同士でバランスを図り対応してもらえない事があるのです。
消費者が自由にガス会社を選択できる権利があるにも関わらず、ガス業界の事情次第となっている自由度が低い体勢ができています。

ライバル社との争いに巻き込まれる消費者

ライバル同士はお客様の奪い合いが激しく行われています。
プロパンガス物件の数には限りがあり、いわば陣取り合戦です。
より消費者に向けたサービスができるか、安く提供できるかなど競争する事で料金もサービスも向上するはずが、顧客を取る為だけの戦略が目立ち、最終的には消費者へとしわ寄せがいっているのです。
ライバル社から顧客を獲得する為に、安い料金で営業し契約を獲得していますが、その価格を維持する事は毛頭ない悪質なガス会社が存在しています。しかもそうした業者は少なくありません。
営業マンが提示する価格には気をつけなければいけません。

談合していないガス会社の存在

談合を一切していないガス事業者は全国津々浦々探しても皆無に等しいでしょう。
それだけ談合意識は既に薄れ、一般的なガス業界の常識としているのです。
LPガス協会など、特に料金トラブルが起きないように注意奮起されていますが、全く逆の行動かもしれません。
安い業者を紹介する団体や企業への誹謗中傷が行われています。
悪徳ブローカーと位置づけ、消費者へ注意を呼び掛けています。
LPガス協会はガス会社の集まり団体となっており、消費者を守る為だけではなく、ガス業界をも守る為に存在しています。ガス業界を守る事は利益を確保する事に繋がりますから、現状から利益幅を落とし適正価格での供給に賛同していない側に属するといえるでしょう。
しかし、こうした状況下でも奮闘されているガス事業者もたくさんいらっしゃいます。
消費者に向けたサービス展開を視野に、お客様へ良心的な価格提案を耳にしています。
しっかりその価格帯を維持し続け、ガス業界の意識改善にも貢献して頂きたいと願っています。

適正なガス代を提供し続ける業者選び

様々な事情を抱えるガス業界では、どのガス会社が適正価格で提供してくれるかわかりません。
一般的には知名度が高いガス会社であれば安心感はあると思いますが、ガス業界では通用しません。
大手ガス会社であるにも関わらず、小さな販売店の倍近い料金設定も存在しています。
地域の適切なガス会社選定には、ガス会社を紹介してくれる団体へお願いするのが好ましいと言えるでしょう。
適正価格を保証する団体もあります。

オススメのガス会社紹介団体