激安プロパンガスにちょっと待った! 適正価格のガス料金とは?

高いプロパンガス料金

高いプロパンガス代を毎月お支払している方にとっては、少しでも安い方がいいし、できれば都市ガスが良い。
みなさんそんな風に思われているのではないでしょうか。
現在のガス料金よりも明らかに安い価格設定のガス会社であれば、つい契約をしたくなるのではないでしょうか。
その契約にちょっと待った!
安くなるという甘い言葉の裏には巧妙に仕掛けられたガス会社側の思惑が。。もちろん安い価格を維持する良心的なガス会社が存在しているのも事実です。しかし、多くのガス会社は価格を維持せず値上げを繰り返しています。知らないうちに地域でも高いガス代になっている方が続出しています。
契約後に公開しないプロパンガス会社選び、契約内容についてなど学んでいきましょう。

激安プロパン会社と契約すると起きやすい問題

「激安」とは一体どの程度の価格設定を指しているかと言いますと、200円~270円程度に設定されている価格帯を言います。
悪質なガス会社の営業マンなどは、契約を獲得し易くする為、激安料金を提案し現在のガス代と大きな価格差がある事を数字で説明してきます。その差額は数千円になる事も良くありますが、営業価格の場合が多いようです。
営業価格は営業マンが獲得し易い特別価格です。ガス会社の利益が少ない料金設定となっており、一見良心的なガス会社であるかのように思えます。しかし、契約後に複数回に分けて値上げを繰り返し、結局500円を超える料金まで値上げされる事もある為、非常に注意が必要です。

激安プロパン会社との契約時の注意点

経済的な余裕が無いご家庭や企業にとっては、激安のプロパンガスの方が魅力的に思えると思います。
しかし、契約して数か月後に高い料金へと徐々に引き上げられては本末転倒です。
こうした契約後のトラブルを避ける為にはどのような事に注意すべきなのでしょうか?
また、こういうケースは避けた方が良いであろうなどの注意事項を奮起していきます。

適正価格を維持するお約束「保証書」の発行

ガス会社が価格保証をしてくれる事は皆無に等しいと思いますが、第三者機関を通じて保証する事ができます。
LPガスは日本で採掘されている訳ではありません。殆どが海外に頼っている輸入製品です。こうした輸入製品の場合、円レートも関係してきますし、石油から採取できるLPガスですから、ガソリンと同様に石油価格の情勢によっても上下しています。
こうしたガス代の値上げについては、様々な複合的要因から成り立っている為、消費者側で判断する事は難しいともいえるのです。
そんなとき、価格を保証してもらう事ができれば安心ですよね。
ガス会社の身勝手な値上げがなくなり、いつまでも安い料金を維持する事に繋がります。

激安料金は値上げされたら解約すれば良い?

これは大きな間違いです。
ガス会社も契約期間が短く点々とガス会社を変更されている方とわかると好条件を出してもらえない事も。
良質な顧客様へ向けた良心的なサービスが基本概念になりますから、長く良いお付き合いを続ける為のサービスとなっています。
しかし、長期利用が見込めないと感じさせてしまうと、ガス会社も辞めてしまうのに良心的過ぎる価格にしなくても良いだろうと足許をみられてしまうのです。
これは、どの地域でもどのガス会社でも同じような考え方を持っていると認識しておきましょう。
長く契約を継続する為の最善策を考えていきましょう。

何故ガス代は値上げされるのか?

プロパンガスは何故頻繁に料金調整が行われているのでしょうか。
せっかく良いガス会社と契約したと思っても契約後に値上げされると不信感に繋がってしまいます。
プロパンガスの値上げには時期も関係しているようです。
とくに秋~冬のガスの使用量が多くなる時期に値上げされてしまいます。
これは原油価格の動向を追っても同じく値上げされる事が多いのです。
良くないガス会社はこの時期を理由にできる事からも利益が大きくなる事を考慮した値上げを行い、輸入価格も値下がりを見せる春~夏にかけて値上げ幅よりも低い値下げを行い徐々に高い料金へと変動させているのです。
悪質業者は安く仕入れられる時期でも高いままを維持し続けて利幅を上げているようです。

検針票に内訳詳細の記載がない!?

2017年にガス自由化に伴い、消費者を守る為の体制が整ってきています。しかし、国が思っている施策とは全く逆の効果を生み出している事もあり、今後のLPガス事業者の動きが注目されています。
電気も都市ガスも基本料金や単価などの明細はホームページからも容易に確認できます。プロパンガスの場合は詳細情報が薄く、基本料金や単価の記載がない事もあります。
使用量と請求額、使用期間の記載がある程度です。この場合は、正しい単価を計算する事ができません。もちろんガス会社へお問合せすれば設定状況を説明する義務がありますから、気になる方はガス会社へお問合せをオススメします。

激安プロパン会社へ申し込んでしまった!

万が一、知らずに書面に記載し申し込みをしてしまった方も対策はあります。
1週間以内に申し込みをキャンセルする旨を連絡しましょう。
1週間以上が経過すると解約手続きを行う必要が出てきてしまい、手間が増えてしまいます。

料金相談ができる機関へ

現在のプロパンガス料金を高いと感じている方は、公正に判断してくれる機関へ相談するのが良いでしょう。
全国対応している団体が良いかもしれませんね。