プロパンガスの安全性と特徴を知っておくとお得です

プロパンガスの安全性と特徴

日本国内で幅広く利用されているプロパンガスは、「環境にやさしい」 「火力が強い」
「持ち運びが簡単」 「災害に強い」などという特徴を持っています。

【特徴】

プロパンガスは一般的に毒性はなく、無味無臭となっています。
その為、ガス漏れ感知の為に独特の臭いをつけてあります。

プロパンガスは、空気より重いという特性があります。
その為、探知器も天井ではなく、足元に近い場所につけて感知することになります。
万が一ガス漏れしたときは、地面を這うようにガスは拡散していき、低い場所で停滞します。

プロパンガスは熱量も都市ガスに比べて強く、燃焼時に排出する二酸化炭素(CO2 )の
排出量が少ないので、環境にやさしいエネルギーと言われています。
そのような火力の強さも飲食店などの業務用途に最適と言われています。

プロパンガスは災害時の復旧の早さの利点もあります。
都市ガスは工場でガスを製造し、各家庭にガス管を通して供給するというシステムになっています。
その為、地震などによって影響を受けやすいガス管は亀裂が入ったり、破損してしまう可能性が
あります。
破損してしまったガス管を復旧させるには、順次地中にあるガス管をチェックして、新しいものと交換するなど、地震発生時の発生エリアをすべてチェックしなければならないので、どうしても全面復旧までに時間を要してしまいます。
その点、プロパンガスボンベは各家庭に設置されているので、点検が簡単にでき、復旧が早いというだけではなく、仮設住宅などでもボンベが設置出来れば早い段階で供給が可能となります。

このような利点と特徴のあるプロパンガスは、営業を長いこと止める事の出来ない
工場や病院、飲食店などの店舗でも重宝されています。

工場・店舗など業務用ガス料金について

都市ガスよりも火力も強く、災害時の復旧も早いプロパンガスは、工場、店舗、飲食店、病院など
業務用として使用されている場合が多くあります。

業務用となると、毎月の使用料は多く、悪徳な値段のガス会社と良心的な値段のガス会社とでは
年間数万、数十万もの差となってきてしまいます。

一口に業務用と言っても、工場、病院、飲食店、美容院、など様々な業種があります。
業務形態も多岐にわたります。その為、ひとくくりとして「業務用価格」としての適用が
可能なわけではありません。

業務用価格の適用として重要なのは、「プロパンガスの使用料」になります。
業務用としての利用であったとしても、一般家庭の使用料と変わらない場合は、
一般家庭の供給料金と変わらないケースが多くなります。

一般家庭の使用料としての例

1人暮らし 5~10㎥
2人暮らし 10~15㎥
3人暮らし 15~20㎥
4人暮らし 20~30㎥
5人暮らし 30~40㎥
6人暮らし 40~50㎥

業務用料金が適用される使用料の目安は、おおよそ、月間100㎥程度ととなります。
しかし、一般家庭でもそうですが、夏場は使用料が少なく、冬場は使用料が多くなります。
暖房機器や、お湯、水からお湯へ温める熱量も夏場に比べると多く必要となってきます。
その為、使用料もアベレージで適用される場合が多くなっています。
使用料アベレージはおおよそ月間80~100㎥程度と言われています。

一般家庭のガス料金は、基本料金+従量料金(1㎥×使用料)という二部制の料金体系が一般的となっています。
しかし、業務用プロパンガスは使用量が多いので、基本料金はなく、従量料金のみという価格設定が多くなっています。従量料金も一般家庭に比べると安い料金設定となっています。

一点だけ注意しなければいけないのは、その店舗が賃貸であった場合、オーナー様の許可がいる、ということです。病院や工場などを経営されていて、ご自身が建物のオーナーであるという場合は問題ありません。ただ、飲食店や美容室などで店舗を借りている営業をしている場合は、建物の権利者であるオーナー様の許可を取っておく必要があります。

ガス切り替え相談サイト

賃貸アパートの入居者さんのプロパンガス料金

賃貸アパートや賃貸マンションのプロパンガス料金はなぜこんなに高いのでしょう

実は、アパート、マンションの建設時に、建物のオーナーさんに代わって、プロパンガス業者が
ガスや配管設備、給湯器設備、エアコン等を負担している場合が多くあります。
そして、なんとその負担費用が毎月の入居者さんのガス料金に上乗せになっている場合があるのです。
建設時の配管設備や給湯器設備をオーナー様に代わってガス会社が負担する代わりに、10年~15年程度の契約をガス会社と建物オーナー様との間で結び、そのガス会社がその期間ガスを供給するという仕組みになっているのです。
その10年~15年という契約期間内に、ガス会社を変更しようとすると、契約違約金というものがオーナー様に請求されます。
そんな大事な契約を、徐々に値上げを繰り返すといった悪徳なガス会社と結んでしまっていたとしたら…。
年数の浅い場合は、契約違約金も多額の費用になりますから、どんなに高くてもガス会社の変更は難しくなってしまいます。
家賃が安いから…という理由だけで、毎月の光熱費のガス料金を気にせず、アパート、マンションを安易に決めてしまうことはとても危険です。

プロパンガス会社を入居者が自由に変更することが出来ない現状

一戸建の場合、自由にガス会社を変更することも可能(建設時にガス会社と結んだ契約期間が残っている場合を除く)なのですが、賃貸のアパート、マンションとなりますと、一部屋ずつ違うガス会社が入る事は出来ません。
変更となると、アパート、マンション全体の変更という事になります。
そして、変更するには、大家さん、管理会社などの建物のオーナーさんの了承が必要になってきます。
このため、入居者さんがガス料金の高さに悩んでガス会社に相談しても、一部屋のみの入居者さんの声では、簡単にはガス会社を他社には変更できない。という安心感が、一戸建てよりも高いプロパンガス料金に繋がっているという現状があるのです。

賃貸アパートや賃貸マンションのプロパンガス料金はどうやって下げればいいのか

一戸建てよりも料金が高くなりがちな賃貸アパートやマンションですが、料金を下げるのも先程ご説明した通り、ハードルの
高い現状があります。
そして、実は、全室同じガス会社が入っているのに、お隣さんとガス料金が違う…。というい場合もあるのです。入居する時期によって違ったり、様々な場合があります。同じアパート、マンションの方達と情報交換をされるのもいいでしょう。
そして、より多くの入居者さんの声を届ける事が大切です。

また、大家さんや建設会社など、建物のオーナーさんは、入居者さんの支払っているガス料金を把握していない場合が多くあります。ましてや、自由価格のガス料金。契約時の料金は把握していても
その後値上げが繰り返されていた場合、建物のオーナーさんと入居者さんの間での料金の意識に温度差が生まれてしまいます。
まずは、ガス会社よりも建物のオーナーさんに料金の相談をするのが一番でしょう。
オーナーさんも、ガス料金が高いからといって、入居者さんに出て行かれてるのは得策ではありません。
良心的なオーナーさんであれば入居者さんの声に親身に耳を傾けてくれるはずです。

  • ガス会社を別のガス会社に変更することはできないか?
  • 今契約しているガス会社へ値下げのお願いを出来ないか?

建物建設時の契約によっては、ガス会社の変更が難しい場合もあります。
その場合は、今現在契約しているガス会社に値下げのお願いをしてもらいましょう。
ガス会社も、実際に契約をしている建物オーナーさんからの値下げ相談には応じてくれる
場合があります。(もちろん中には入居者さんの相談にも応じてくれるガス会社もあります。)

ガス会社変更相談おすすめサイト

プロパンガス料金を節約してアパート経営の効率化を図りましょう

プロパンガス料金が高いことが退去率に繋がっている現実

エネルギーの自由化に基づき、ガス料金に関しての意識も変わってきました。
ご入居者も自分のアパートのプロパンガス代が平均的なものなのか、高い料金なのかを知る手段が以前に比べて格段と多くなり、家賃だけではなく、公共料金も含めたアパート選びをしています。
家賃が安くても、公共料金が高ければ安いところへ引っ越しを決めるのが昨今の動きになっているようです。
その中でも、ガス会社によって料金のばらつきが大きいプロパンガス会社選びは、ご入居者獲得の重要な役割を持っています。

ご入居者様にとって「家賃」もそうですが「光熱費」も含めての生活費です。

「プロパンガス代が高いから退去する」というご入居者を減らすには、プロパンガス会社を変更するのが一番です。
平均的には変更によって、一般的な家庭で数千円、冬場には使用料も増えるので、それ以上にガス料金を節約することが可能になります。

プロパンガス料金が月に5000円安くなれば、家賃が5000円安いところへ住むのと同じです。
逆にプロパンガス料金が5000円高ければ、5,000円家賃が高いのと同じ事です。

とても競争率の高い不動産業界です。ご入居者は、大家さんから見るとお客様です。多くの大家さんは、ご入居者の満足度を高めて、なるべく長く住み続けて欲しいと思っておられるでしょう。
プロパンガス料金も、なるべく安くして、ご入居者が安心して住める良心的なガス会社とのお付き合いをすることが重要だと思われます。

このように、プロパンガス会社の変更は、ご入居者だけでなく大家さんにとっても大きなメリットとなります。

プロパンガス会社を選ぶポイント

【適正価格で安定供給できる会社を選びましょう】

プロパンガスの場合、いつでも値上げする事ができる自由料金制度になっています。その為、契約した時にいくら安価に金額を提示していても、その単価は当てになりません。
ガソリンなどと同じように、原油の高騰や為替レートの変動に影響されます。これはプロパンガス会社の企業努力・経営努力では如何ともしがたいものとなっています。
実際、電力会社や大手都市ガス会社には燃料費調整制度や原料費調整制度と称される価格調整制度があり、原料価格や為替相場の変動を考慮して毎月使用量単価の調整を行っております。
プロパンガスの中東における船積み価格の月別推移「サウジアラムコCP推移」などをみてもその変動はわかると思います。
しかし、輸入価格の高騰による値上げではなく、輸入価格の高騰を謳い、相手の足元を見て不当に値上げを繰り返すガス会社も多く存在しているのが現状です。

プロパンガスの価格で大事なことは、継続性です。目先の安さに飛びついてしまうと、後々後悔することになります。
契約時の基本料金、従量単価は把握していても、その後の値上がりなどを把握していない大家さんも多くいるのが現実です。
入居者の方が今いくらガス料金を支払っているのか。不当な値上げはされていないか。
その後もこまめに単価チェックをして、不当な値上げを繰り返すガス会社との契約には気をつけましょう。

【やり過ぎの設備投資には気を付けましょう】

また、建設時やリフォーム時に、プロパンガス会社に給湯器やエアコン、モニター付きテレビドアフォン、浴槽 …色々な設備サポートを要求する大家さんが増えています。
ですが、設備投資をやり過ぎてしまうと、高くなり過ぎたガス料金に苦しめられ退去してしまう入居者に悩まされる結果を生んでしまいます。
中には入居者がなかなか入らなくなり、家賃を下げたという大家さんもいるようです。
最初の設備投資は、入居者の方の立場に立ってガス料金と上手く照らし合わせながらサポートしてくれる良心的な
ガス会社を選ぶようにしましょう。

これから新築を建設予定のあなた。 プロパンガス会社はご自身で選んでください!

新築戸建でプロパンガスを契約する際の注意点

新築戸建でプロパンガスを契約する際に、まずやらなければならないことは、プロパンガス会社選びですよね。
プロパンガス会社の選定は慎重に行ってください。

実はプロパンガス会社を、新築戸建てを購入した持ち主ではなく、ハウスメーカー、建築会社、工務店などの施工者が選定・契約しているケースがほとんど
なんです。
プロパンガス会社は、新築戸建の施工者への営業活動をしており、業務提携をしていたり、それぞれつきあいがあるプロパンガス会社が決まっていたりすることがあります。
しかし、ご存知の通り、プロパンガスは誰でも自由に選ぶことができるもの。

そして、プロパンガスをお得に、良心的な価格で利用したいのであれば、新築戸建でもハウスメーカーや工務店に任せにせず、ご自身ででプロパンガス会社を比べて選ぶべきなのです。
なぜ新築戸建のプロパンガスを自分で選ぶべきなのでしょうか。

自由料金制

プロパンガスは、水道などの公共料金ではなく、自由料金だということをご存知ですか?
プロパンガス料金は国による規制がないので、プロパンガス会社がそれぞれ独自の料金体系に基づいて決定をしています。
ということは、それぞれのプロパンガス会社で料金が全く違うのです。
ハウスメーカーや工務店のすすめるままに、他社と比較することなく契約してしまったら、
他社の倍、料金を支払う契約になる可能性もあるのです。

初期工事が必要

  • 配管工事
  • ガスコンロ、給湯器などのガス機器の設置
  • ボンベ、メーターの設置

これらの初期工事は、契約するプロパンガス会社が担当し、新築戸建の建築工事と同時に行われます。
知らず知らずのうちに配管工事等が入って契約が進んでしまってい初期工事が始まっているという場合もあるので、
新築戸建の施工が始まる前が重要なタイミングです。
ガス会社をご自身で選ぶ旨をしっかりと伝えて、複数見積もりをとり比較して慎重に選んで下さい。

無償貸与

「入居してからゆっくりプロパンガス会社の切り替えを考えればいいか」と考える人もいるかもしれません。
また、建設会社などの中には「うちで選んだLPガスを契約すれば、初期工事が無料になります。」という話をするところもあります。
しかし、ここに落とし穴があります。
実際のところ、新築戸建で施工者の得意先であるプロパンガス会社が自動的に配管工事やボンベメーターの設置などを手がけた場合、
建築時に新築戸建の購入者が初期工事の費用を支払うことはありません。
しかしこれは、初期費用を肩代わりして無料になった、というわけではなく、「プロパンガス無償賃貸契約」と呼ばれるプロパンガス独特の契約が知らないうちに結ばれているのです。
この契約は、その名の通り、プロパンガス会社が、配管やガスメーター、ときには給湯器などのガス機器までも、契約者へ「(建築時には)無償」で「賃貸」するもの。
ただし、「無償」とは名ばかりで、現状、新築戸建の建築時にかかったプロパンガスの初期工事やガス機器の費用をローンのように月々のガス料金に割り増しして請求していることがほとんどなのです。
しかも、その無償賃貸契約ではほとんどの場合、10〜15年ほどの長期契約が条件となることが多く、途中解約するためには解約金や違約金が発生してしまいます。
このような問題からも、しっかりと、良心的な金額で末永くお付き合いできるガス会を選ぶことが大切です。

貸与せずに購入がお得な場合も

上記の無償貸与での説明でもある通り、リースで減価償却していく方式となる為、支払商品の利益はガス代に乗せられてくる内容です。
無償貸与の方がリスクが低く、メリットが大きい場合もありますが、購入した方が良かったと後々後悔する方も少なくありません。
長い年月でみると、ご自身でお住まいの物件、特に戸建ての場合は購入した方が後々お得になる事が多いでしょう。
無償貸与の一番メリットあるケースは物件を運用される大家様になります。

高すぎるプロパンガスの料金のからくりと料金を下げる方法

高すぎるプロパンガス料金

プロパンガスはどうしてこんなに高いのでしょう。

エネルギーの自由化、電力、都市ガスの自由化と共に消費者の意識は高まってきています。

しかし、ガス会社の言い値で決められているプロパンガス料金は都市ガスに比べてもまだまだ高く、不透明な部分が数多く残っています。

地域性によっても談合意識のとても強い業界です。
価格競争がほとんどない山間部などの地域や、昔からの付き合いで継続して長いこと利用しているという場合い、知らず知らずのうちに料金が引き上げられているという問題が数多く聞かれています。

また、原油の高騰時などで値上げになってしまっても、下落時にはめったに値下げしません。
その為、結果的に料金はどんどん高くなっていきます。

毎日の生活に必要不可欠なガス料金が、家計を圧迫している現状にお困りの方もたくさんおられると思います。
ガス料金をを適正価格に見直すことで、毎月のガス料金が大きく変わってきます。

また、アパートやマンションなどの賃貸に住まわれている方は更に高いガス料金を支払っている可能性があります。
いくら安い家賃の所に住んだとしても毎月の光熱費が高ければ高い家賃の所へ住んでいるのと変わりません。

それを理由に入居者の方が出てしまい、空き家になって困っている大家さんもいらっしゃいます。

両方の首を絞めてしまっているのが現状です。

アパート・マンションンなどのガス会社の切り替えは大家さん、管理会社などの了承が必要になってきます。

入居者の方も住みやすく、大家様も気持ち良く寄り添える物件作りも、適正価格の良心的なガス会社を選ぶことで実現できます。

各都道府県には、大体数百社ものガス会社があるので、その中から自分に合った良心的なガス会社を選ぶのは至難の技です。

節約をしたいと思った時がそのタイミングです。
都市ガスをお使いの方はもちろん、地域的な理由や災害のためにプロパンガスをお使いの方もきっとご自身の生活スタイルに合った 「適正な価格のガス料金」 に出会えるはずです。

ガス会社を選ぶ注意点に気を付けて長い間安心して利用できる良心的なガス会社をご自身で選んでいきましょう。

ガス会社を選ぶ時の注意点

【料金の透明性】

毎月のガス料金は基本料金とガスの使用量に応じて請求される従量料金によって構成されています。
今現在利用しているガス料金についてしっかりと提示してくれるガス会社を選びましょう。

【値段の変動】

原料調整と言われるガソリンと同じように、原油価格によって料金は変動する可能性があります。
事前通知なしで値上げをしたり、消費者の足元を見て、ほぼ毎月のように値上げを繰り返す
ガス会社は良心的ではありません。

【緊急時の対応】

ガス漏れや何か問題が起きた時に、質問や相談に迅速に対応してくれるだけでなく、
丁寧な作業・感じの良い接客態度など、消費者に寄り添った対応をしてくれるガス会社を選びましょう。

【切り替え時の引き止め】

新しいガス会社に切り替えようとする時に、一時的にガス料金を値下げして、
また徐々に値上げを繰り返したり、不当な違約金を請求するガス会社には気を付けましょう。

都市ガスとプロパンガスメリット・デメリット

【都市ガス】

  • 料金が安い。
  • 災害が起きた時に復旧に時間がかかる。

【プロパンガス】

  • 都市ガスに比べて料金が高い。
  • 火力が都市ガスの2倍以上ある為使用料が少なく済む。
  • 災害時の復旧が早い。

都市ガス、プロパンガス、それぞれにメリット、デメリットがあります。
地域性もあり、プロパンガスしか供給できない場所もあります。
地域性と、ご自身の目的に合ったサービスを提供してくれるガス会社を
見つけていきましょう。

プロパンガスを安くする為の対策紹介

プロパンガス料金を下げる

プロパンガス(LPガス/LPG)について、どのような商品であるかをご説明します。
なぜ料金が一定ではなく高くなったり安くなったりするのでしょうか?
また、見直す事ができるガス会社を良心的なガス会社へ変更するメリット・デメリットはあるのでしょうか。

本ページは5分ほどでお読みいただけるので是非お付き合い下さい。
お時間の無い方は是非ブックマークしておくと後ですぐに読む事ができます。

プロパンガス料金を変更する為の『 6つのメリット 』

地域最安料金 のプロパンガス会社に変更可能する為のメソッド!

①地域最安値のガス会社へ契約を変える。

地域が違うと最安値価格も違います。
対象物件の所在地からもっとも料金が安いガス会社に変える事です。
平均的な料金と比べても30%以上は安くなり、大幅にガス代を削減する事ができます。

②安い価格をずっと維持する事ができる。

ガス会社側は勝手な会社都合から不当とも言える値上げを繰り返します。
消費者へ真っ直ぐ提案しているガス会社とのお付き合いは不当な値上げがなく安心できます。

③全て無料で対応ができます。

ガス料金が安いガス会社へ契約を切り替える際に、基本的には無料で全て可能です。
また、ガス会社を紹介してくれるサイトも増えていますが、基本的には相談料など一切必要ありません。

④給湯器などのガス機器を無料または格安交換

目安ですが、給湯器の寿命は早くて7年~10年程でしょう。
古い給湯器の場合は、変更をオススメしますし、ガス会社切替の際に合わせて相談する事で非常に安価で入手できます。
ガス会社によっては無料設置してくれる事もあります。

⑤ガス機器のメンテナンス費が不要。

ガス機器の調子が悪いなど気になりますよね?まさか爆発したり・・
メンテナンスに関してもしっかりみてくれるガス会社であれば、そんな心配も不要です。
特に賃貸大家さんはメンテナンスフリーにした方が手離れも良く、維持費もかかりません。

⑥価格保証

一番重要な事は、適正価格を維持してもらえる良心的なガス会社との契約です。
しかし、ガス会社側は価格のお約束はしてくれません。
それは輸入に頼っている為、輸入原価に左右される事が大きいです。
消費者側からすればそれを理由に値上げを繰り返されてはたまりません。
価格保証してもらえる、団体から紹介してもらう事で価格を維持する事ができるようになります。

適正価格の維持に努めるガス会社

大手ガス会社であれば安心できるかというとそうではありません。
もちろん、小さな町の販売店だから高いとも言えません。
親戚のガス屋さんだから安い訳でもありません。
ガス会社が見据える方向性に左右されてしまいますから、ご自身で探すには大変です。
不当に高い料金ではないガス会社とは、全国に2万以上の販売店がある中から探せませんよね?
また、探してみても実際に供給してくれるガス会社の料金は、物件毎で異なっている事も良くある話です。

ただガス会社を変更するだけで、月に数千円、年間で数万円もの差が出ているプロパンガス業界を見直していき、消費者側の認識を改めていく必要があります。
都市ガスやオール電化物件が増えており、供給数は年々少なくなっています。
しかし災害大国である日本では欠かせない供給体系である事は日本政府としても認めている事実があります。

健全なガス業界を目指して

正しい競争社会のルールとは、末端消費者を騙す体制ではなく納得してもらえる体制です。
料金だけではなくサービスの向上も同時に目指していき、各社切磋琢磨する業界へ真価が問われています。

最近では安過ぎるのは良くないとして、
250円提案していた団体が280円や270円を提示し始めており、また消費者を騙す結果になる悪質業者も目にします。
契約後も安心できるガス事業者を紹介する団体に相談してみましょう。

安心ガス比較団体

プロパンガス料金激安サイトにご注意!

安いモノは悪い

すごく安いといっても期間限定では意味がありませんが、一定の料金を保持してくれるガス会社は存在していません。
ガソリンと同じように卸し価格が上下している為、価格変動は致し方ありません。
理想的な「適正価格」を維持してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。
永久保証を謳っている団体もあります。
「地域差安値!従量単価250円からご案内します」
このようなプロパンガス会社紹介サイトをみて「素晴らしい」と思ったことはありませんか?しかし、そのカラクリは一年間などの限定的な料金であり、しばらく経つと値上げが始まる営業価格の場合があります。単価200円前後から250円の価格帯はガス会社の利益がなく、もの凄く大手でなければ利益を出す事は厳しく現実的に提案している大手も使用量が一般家庭程度の場合はほぼあり得ません。

遅かれ早かれ値上げする事を前提とした「営業価格」「売込価格」と考えるのが妥当です。早い場合は数か月、遅くても1年後からは値上げが始まり、安く供給していた時期の回収も見込まれた料金へと釣り上げられていきます。
実際に数年前に契約した方が、4年後には値上げを繰り返されており気が付いた時には地域でも高い料金になってしまっている。そんな方が全国的に急増した業界であり、消費者からも信用が薄くなっている業界といえます。

実際の事例で紹介してみましょう。
営業価格が260円と魅力的な従量単価を提案された神奈川県の一戸建てにお住まいのBさんは、2013年に訪問営業にきたプロパンガス会社と契約を改める事を決意しました。今まで契約していたガス会社は従量単価が520円だった事からも260円の提案はひと月で数千円も安くなる魅力ある料金だったからです。

契約から5ヶ月程経った時、検針票に40円の原材料調整費との記載がありました。その時は何の記載かもわからず放置していたのですが、後々知ったのは、これが値上げ通知であった事実です。2013年から契約をし、2016年までの3年間強の間に合計5回の値上げがされ、当時260円だった従量単価は440円にまで値上げされていたのです。
適正価格を維持する事ができる優良ガス会社の場合は、どうなるのでしょうか?

Bさんが優良ガス会社と契約した後
優良なガス会社を紹介してくれる団体へ相談し、適正価格を維持する事ができるガス会社を紹介してもらいました。
契約当初は基本料金は同じ1500円、従量単価は280円を提案されました。2016年から2018年の3年間弱の間、一度の値上げ通知もきていません。

消費者を守る事を目的に設立された一般社団法人など、非常に信頼性が高く契約後のアフターフォローも充実していて安心できます。プロパンガス物件には不安を抱いている方は、最初からお願いしていれば損失も少なく、安心できるマイホームを維持する事ができます。
現在は輸入価格の変動が多少ありますが、以前程の変動はなく安定しているようです。もちろん原油高や円安になった場合は値上げされてしまう事になります。
こうした値上げするべきタイミングも確かにありますが、一時的な値上げの場合が多く、輸入価格が落ち着けば料金もまた値下がっていく為、非常に透明性の高い料金設定となっています。
高額請求のガス会社はこうした値上げするべきタイミングを見計らっている為、大きく値下げに踏み切る事はなく、高い料金を維持し利益幅を大きくしている事が伺えます。

現在は2~3年前に比べて原油の輸入価格がかなり下がっているため、適正価格もそれに応じて下がっています。

もちろんこの適正価格は、原油の高騰や円安になった場合、一時的に値上げすることはあり得ますが、情勢の変化に応じてかわるという、極めて透明性の高い設定価格なのです。
見極めが難しいのは、ガス会社側も消費者からクレームができるだけ起きないように徐々に値上げしているようです。
短い期間で一気に値上げしたり、毎月のように調整する事はあまりないようです。
つまり、自分でも気が付かないうちに高くなっている。こうした消費者が増えている事も問題といえるでしょう。

何故、こうした価格変動が起きてしまうのでしょうか

日本は資源大国ではありません。
ほとんどのエネルギー資源を輸入に頼っている為、卸し先の原油産国などに依存してしまいます。
アジア圏に対する販売価格は、サウジアラムコが大きく関係しています。
最近ではIPOを中止するなど話題となり注目されているサウジアラビアの国営企業です。

良くガスを消費する冬場には、価格は上昇傾向にあり、
あまり消費しない夏場には、価格は下がっていく傾向にあります。
最近では、サウジアラビアだけではなく、他国からの輸入量も増えているようです。
特にシェール革命後はLPガスではなくシェールガスの輸入量が増え、都市ガスや火力発電で消費されています。
プロパンガスの原価は大手のガス会社HPや日本LPガス協会などでも好評されていますので参考にしてみて下さい。

安過ぎる提案には注意が必要!

みなさんもわかって頂けましたか?安ければ良い!は危険です。
契約するもしないもご自身の自由ですが、契約後にどうなっていくかはわかりません。
ガス会社の営業マンは契約数を伸ばす為、自社のサービスを良くみせようとするのはどのガス会社も一緒です。
料金は頑張ります!現在よりもこんなに安くできます!
しかし、価格を保証してくれるサービスはどのガス会社にも存在していません。

この問題を解決するには、第三者団体へ相談するのがベストです。

第三者機関が価格を保証してくれ、地域最安値価格のガス会社を紹介してくれます。

適正価格と現在のガス料金を比較してくれますし、
どの程度安くなるかも明確にしてくれます。
安い価格のガス会社を比較検討してみましょう。

オススメ団体

 

栃木県プロパンガス料金の適正と相場

栃木のプロパンガス料金事情

栃木県のプロパンガス消費者の方へ。プロパンガスの料金は少しずつ値上がりする事を知っていますか?栃木県は値下げ対策が可能な地域の為、適正価格のご提案を行い利用者の方へガス代削減のお手伝いが可能です。

栃木県の平均価格(相場)
基本料金1,547円/従量単価502円/㎥
石油情報センター栃木県平均価格より(2018年8月辞典)

栃木県の適正価格
基本料金1,500円/従量単価270円/㎥〜

削減額(差額)
基本料金-47円/従量単価-232円/㎥

月間・年間だと下記のようにお得になります!

─────────────
栃木県のプロパンガス料金の比較表
─────────────
栃木県の平均価格と適正価格の比較
10㎥使用時
平均価格6,567円
適正価格4,200円
月間削減額(差額)2,367円もお得!
年間削減額(差額)28,404円もお得!
栃木県

20㎥使用時合計額
平均価格11,587円
適正価格6,900円
月間削減額(差額)4,687円もお得!
年間削減額(差額)56,244円もお得!

─────────────

栃木県内各市区町村は見直せます!

足利市/宇都宮市/大田原市/小山市/鹿沼市/河内郡上三川町/さくら市/佐野市/塩谷郡/塩谷郡塩谷町/塩谷/高根沢町/下野市/栃木市/下都賀郡/下都賀郡壬生町/下都賀郡野木町/芳賀郡/芳賀郡市貝町/芳賀郡芳賀町/芳賀郡益子町/芳賀郡茂木町/那須郡/那須郡那須町/那須郡那珂川町/那須塩原市/那須烏山市/日光市/真岡市/矢板市

栃木県の相場価格、平均料金のからくりとは

平均や相場と言われると、業界が定める標準価格をイメージされる方が多いと思いますが、プロパンガス業界では全く違います。プロパンガスの平均価格は、ガス業界が創り上げてきた料金形態のイメージによって生み出された料金であり、ガス会社側の都合によってつくられている為、一般的な競争社会の中で生まれてきた価格ではありません。
ガス会社側が言う「安心して下さい。平均価格ですよ。」には安心してはいけません。

適正価格で提案できる優良ガス事業者とは

適正価格で供給をし続けてくれるガス会社が実際にいるのでしょうか。もし安くなるのであれば、家計のコストを軽減できる素晴らしいガス会社ですね。しかし、大手であっても非常に高い料金を平然とつけている業界の為、会社規模で判断ができません。
安心できるガス会社を無料で紹介してもらえます!
適正価格で供給するガス会社の協力で全国各地へ都市ガスと比較しても遜色のない低価格のガス料金を実現化してくれる素晴らしい団体を紹介したいと思います。

知人の相談事例を紹介しますね。
─────────────
・相談者:会社員
・相談理由:去年に比べて単価200円値上がりした為。
─────────────
・相談内容
建売住宅を購入してから7年程が経ちました。
物件購入時には気にならなかったのですが、ガス会社の契約も促されるまま契約を済ませました。
しかし、プロパンガスの場合、ガス会社が違うと料金が違う事に気が付き今のガス料金が安いのか高いのか気になりました。
平均的なガス代であれば良いと思っていたのですが、平均的な価格がいくらかも検討がつかなかった為、知人に相談したところ、適正価格のガス会社紹介をしてもらえる団体を教えてもらいました。
電話相談したところ、非常に対応も丁寧で迅速にガス会社を紹介してくれるとの事。
相談してから翌日には連絡がきて、新しいガス会社を紹介してくれる事になりました。
しかし、10年間は今のガス会社を利用しなければいけない契約になっていたようです。
こうした問題にも親身に対応して頂け有りがたく思っています。
ガス会社側からは辞めないで欲しいと突然担当者が家まできましたが、アポも無しに辞めると言った途端に料金を下げるなんて信用できるはずもなく、紹介してもらうガス会社への変更を心に決めていました。
10年契約で7年間経っていたので、支払切れていない残債額が3年間分あったのですが協会の方が新しい契約ガス会社に話をつけてもらい、私が支払うものは何もなく、ただただガス代だけを安くする事ができました!

実家もプロパンだった為、すぐに協会に連絡してもらい実家も安くする事ができました!
こんなサービスが良い協会はみんなに知ってもらいたいです!

ガスの事で困った事があればまた連絡させて頂こうと思います。

優良ガス事業者紹介団体

プロパンガス会社を変更するメリット

プロパンガス会社を変更してお得に

ガス料金を削減するには、プロパンガス会社を変更する事で最大のメリットを得る事ができます。
気をつけなければならないのは、せっかく変更したにも関わらず徐々に値上がりするような一般的にも多いガス会社と契約しても意味がありません。
不透明な値上げのない優良ガス会社とは一体どんなガス会社なのでしょうか。

プロパンガス料金を30%~50%以上削減

プロパンガスの料金はガス会社側が自由に価格設定する事ができます。その為、多くのガス会社は売上を意識し不当とも言える高い価格設定を行っているのが実態です。
つまり適正価格で提供し続けてくれる良心的な会社との契約をする事で安い価格を維持する事ができます。

なぜ、適正価格はそんなに安いの?

それは、ガス会社側が設定する価格帯には、十分利益となる利幅がある為、値下げが可能です。
一般的な小売店の場合1立米(1立方メートル)あたりの単価が200円台前半~250円前後ほどが仕入れ価格となっており、400円、450円、500円位が販売価格となります。顧客をある程度抱えている業者の場合、ガス会社を運営するのに必要な経費や仕入れ代、人件費などが含まれています。薄利多売の考え方から300円前後で供給してもガス会社経営は成り立ちます。各社の売上目標や客単価の考え方ひとつで大きく変動します。
高額販売を何十年と続けてきた販売店にとっては、時代のニーズに見合った価格設定には遠く及ばず、なかなか体制を一新し、価格を大幅に見直す事に踏み切る事ができないのです。それは大きく売上を削ぐ事にも繋がるからと言えるでしょう。
しかし、優良ガス会社の場合、薄利多売の考え方が経営方針としてもあり、顧客満足度を高め解約率を防ぐ努力をされている会社さんもたくさんいらっしゃいます。
また、小さな販売店でも大手ならではの料金体系に負けないサービス展開を意識されている会社さんも増えてきているようです。
ここでいう「適正価格」とは、都市ガス並の価格目標に設定したものです。まだまだ都市ガスの価格には追いつく事はできませんが、消費者の為に企業努力される会社が増える事で業界は活性化し、都市ガスにも負けない業界になると考えられています。

現在のガス料金設定を診断しよう

まずは、ご自身のガス料金を把握する事が重要です。
ご存じでない方もたくさんいらっしゃいます。
一度検針票をお手元にご用意の上、ガス料金を診断する専門業者に相談される事をオススメします。
相談料などは一切掛からず、見直す流れなども詳しく教えてくれます。

無料でガス料金を診断してくれるオススメサイト

プロパンガス料金を比較する

プロパンガス料金を比較

少しでもガス代をお安く変えていきたい方は必見です!
一般家庭へ供給されるガス料金について、関連情報を掲載しているWebサイトです。
地域が違うとガス料金も違います。地域の最安値料金へ見直す為の情報を掲載していきます。
業界のニュースや料金に関してWEB調査を繰り返してきてわかってきた多くの事があり、重要なポイントをお知らせしていきます。

提携ガス会社同士の談合問題

他の事業ではあまり考えられない状況がプロパンガス業界には存在しています。
例えば卸元のガス会社の契約を販売店は契約をしませんし、逆に卸し先の販売店の顧客を奪うような行為はしません。
それだけではなく、社長同士が仲が良いから。程度の理由でも契約拒否されてしまうのです。
安くサービスが良く自宅からほど近いガス会社が良いと思っても、ガス会社同士の関係の有無で対応可否が変わってきているのです。これは昔からある業界の慣習が未だに残っている業界にとって知られたくない恥ずべき体制です。

ガス会社同士の談合、その原因とは。

このような問題がどうして未だに残ってしまっているのでしょうか。
通常の社会では、競争原理が働き時代が流れる程に安価になっていきます。
しかし、ガス業界はずっと同じエネルギーを使い続けており、いわば消費者の上であぐらをかいてきた業界です。
高かろうが必要とされるエネルギーは、本来生活の礎となるべき消費者目線で供給が必要不可欠なはずです。
これは、プロパンガスの流通システムそのものの在り方が問題といえます。
元売り、卸し、小売りと販売の立ち位置によって会社の力も変わっています。
この三位一体となる体制が各社の関係を強固なものとしていき、グループ化していきます。卸元のガス会社は小売り業者の顧客を奪いませんし、逆もまた然り。こうした関係会社が増えていくと談合グループが出来上がります。
他にもガス会社は配送を委託する事もしばしば。自社の配送トラックを確保するより、効率的に供給ができる体制が好ましい場合は、ガス会社は配送を他社へ委託しています。こうした委託先が同じである場合もトラブルの原因となる為、ガス会社同士でバランスを図り対応してもらえない事があるのです。
消費者が自由にガス会社を選択できる権利があるにも関わらず、ガス業界の事情次第となっている自由度が低い体勢ができています。

ライバル社との争いに巻き込まれる消費者

ライバル同士はお客様の奪い合いが激しく行われています。
プロパンガス物件の数には限りがあり、いわば陣取り合戦です。
より消費者に向けたサービスができるか、安く提供できるかなど競争する事で料金もサービスも向上するはずが、顧客を取る為だけの戦略が目立ち、最終的には消費者へとしわ寄せがいっているのです。
ライバル社から顧客を獲得する為に、安い料金で営業し契約を獲得していますが、その価格を維持する事は毛頭ない悪質なガス会社が存在しています。しかもそうした業者は少なくありません。
営業マンが提示する価格には気をつけなければいけません。

談合していないガス会社の存在

談合を一切していないガス事業者は全国津々浦々探しても皆無に等しいでしょう。
それだけ談合意識は既に薄れ、一般的なガス業界の常識としているのです。
LPガス協会など、特に料金トラブルが起きないように注意奮起されていますが、全く逆の行動かもしれません。
安い業者を紹介する団体や企業への誹謗中傷が行われています。
悪徳ブローカーと位置づけ、消費者へ注意を呼び掛けています。
LPガス協会はガス会社の集まり団体となっており、消費者を守る為だけではなく、ガス業界をも守る為に存在しています。ガス業界を守る事は利益を確保する事に繋がりますから、現状から利益幅を落とし適正価格での供給に賛同していない側に属するといえるでしょう。
しかし、こうした状況下でも奮闘されているガス事業者もたくさんいらっしゃいます。
消費者に向けたサービス展開を視野に、お客様へ良心的な価格提案を耳にしています。
しっかりその価格帯を維持し続け、ガス業界の意識改善にも貢献して頂きたいと願っています。

適正なガス代を提供し続ける業者選び

様々な事情を抱えるガス業界では、どのガス会社が適正価格で提供してくれるかわかりません。
一般的には知名度が高いガス会社であれば安心感はあると思いますが、ガス業界では通用しません。
大手ガス会社であるにも関わらず、小さな販売店の倍近い料金設定も存在しています。
地域の適切なガス会社選定には、ガス会社を紹介してくれる団体へお願いするのが好ましいと言えるでしょう。
適正価格を保証する団体もあります。

オススメのガス会社紹介団体